ホーム > お金 > ピンチはチャンス

ピンチはチャンス

FX投資の経験がない方が為替相場の大切なところを押さえるには、まず実戦を積み重ねていく事が不可欠です。

 

特に、未然にピンチを避けれるようになるには、負けを重ねる事も大事です。

 

言うまでも無く、マイナスになるといっても持ち直せないほど決定的な過ちをしてはいけない。

 

取り戻せるぐらいの損を数回実践する事が、結果として自分のレベルを上げてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少額資金で投資して、それで何回か取り返しが付くマイナスを経験することを推奨します。

 

一例として、100万円だけしか投資に回すお金のない状態で、いきなり全て投資して取引すると負けた時取り返せない危険性があります。

 

それならば、1割ずつ分割して取引して、これによってマイナスやプラスを重ねた方が所徐に負けを対応する手段なども習得するはずです。

 

まず最初に少額資金で取引する事の利点は、先に言及したように、己の経験値を増やしミスを管理する術を身に付けていく事にありますがそれと合わせて、売り買いの回数を増やすことによって、リスクを削減できるというメリットもあります。

 

仮に、1回の売り買いで利益を上げられる可能性が二分の一だとします。

 

すると、同じ確率で損失を生む危険性もあります。

 

勝率50%ということは五分五分の割合でプラスになる事を現しています。

 

しかし、全ての資金を投じてただ1回の仕掛けをするということは、明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

それではたんに1度の賭けと同じです。

 

結局のところ、全てのお金を投資して1回だけしかエントリーしないとこの分だけ損失が生じる割合が高くなります。

 

これを回避するために、投資するお金を1回にすべて使うのではなくいくつかに分けて投資経験を重ねる事がリスク回避となります。

 

ただしいくつかに分けたとしても、全ての注文で利益を出す事は大事ではありません。

 

はっきり言うと、勝てないのが現実です。

 

投資で大切なのは、勝つ確率ではなく、どのくらい儲けるかである。

 

勝ち負けが同じでも、また勝率3割でも儲ける事は出来ます。

 

それ以上負けてもその収益が少なければ、3割の勝利のプラスで相当利益を上げる事が出来ます。

 

そのためには、損を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損失が生じたらすぐさま損失を確定してそれとは逆に勝った時は上手くプラスにする事が、FX取引ビギナーが外為取引で成功する極意といえる。

 


関連記事

  1. 法律専門職を考える

    士業の資格として法律専門職になりたいと考えるとしましょう。 そのときに考える資格...

  2. 夏の脇毛処理

    夏のムダ毛処理では、やはり特に脇が困ります。レーザー脱毛をすれば構わない話なので...

  3. 実践が大事

    FX取引初めての方がマーケットの肝心なところを理解するには、最初に実戦を積み上げ...

  4. ピンチはチャンス

    FX投資の経験がない方が為替相場の大切なところを押さえるには、まず実戦を積み重ね...

  5. 資産を保有する

    特定調停による方法も任意整理による方法と同じくそれらの貸方に対しての返金を続けて...