ホーム > お金 > 実践が大事

実践が大事

FX取引初めての方がマーケットの肝心なところを理解するには、最初に実戦を積み上げる事が不可欠です。

http://jibunnews.blog.shinobi.jp/

特に、直前にピンチを感づくようにするにはポカを積み上げることも経験のひとつです。

 

当然、負けたといっても命取りとなるほど重大な過ちをする事は許されません。

 

やり直せるぐらいの過ちを何回も積み重ねることが結論として己のレベルを上げてくれるはずです。

それを考えると、まず初めは少ない額で取引を行い、数度小さな負けを経験することをおすすめします。

 

一例として、100万円だけしか投資に回すお金のない人がよく考えずに100万円を全部つぎ込んでトレードすると損した時、二度と取り返せない可能性があります。

 

それよりは、ひとつの例として資金の10%ずつ分割して取引して、それによって売買を積んだ方が、次第に負けを補う方策なども学んでいくはずです。

 

まず少額で売買する事の良いところは、先に言及したように、自分自身の実戦を増やし、ミスを回避する手段を覚える事にありますがそれと同時に、注文の回数を積み重ねて、危険を小さくできるという長所もあります。

 

例として、1度だけの売り買いで利益を上げられる確率が5割だと考えます。

 

すると、同じく50%の確率で損が生じるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の確率で儲けられる事を示しています。

 

だけど、全ての資金をつぎ込んで1度のみの仕掛けをするということは、勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

それは1度だけの賭け事と同じです。

 

これは、全財産を投資して1回しか勝負しないとその分だけマイナスになる比率が大きくなります。

 

だから、お金を全部つぎ込むのではなくいくつかに分けて投資経験を積み重ねる事がリスク回避となります。

 

そして数回に分けたとしてもすべてに稼ぐ必要はない。

 

勝利する事が出来ないのが現実だ。

 

トレードで必要なのは勝つ確率ではなく、どのくらい稼ぐかです。

 

勝率が50%でも、たとえ勝率5割以下でも稼ぐ事は出来ます。

 

7割負けても損失が少なければわずかな勝ちのプラスだけで十分利益を上げられます。

 

それには、損を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損が出たら即損失を確定して、勝った場面では出来るだけ大きく儲けることが外為取引初めての方が外国為替証拠金取引で儲ける神髄です。

 


関連記事

  1. 法律専門職を考える

    士業の資格として法律専門職になりたいと考えるとしましょう。 そのときに考える資格...

  2. 夏の脇毛処理

    夏のムダ毛処理では、やはり特に脇が困ります。レーザー脱毛をすれば構わない話なので...

  3. 実践が大事

    FX取引初めての方がマーケットの肝心なところを理解するには、最初に実戦を積み上げ...

  4. ピンチはチャンス

    FX投資の経験がない方が為替相場の大切なところを押さえるには、まず実戦を積み重ね...

  5. 資産を保有する

    特定調停による方法も任意整理による方法と同じくそれらの貸方に対しての返金を続けて...