ホーム > お金 > 法律専門職を考える

法律専門職を考える

士業の資格として法律専門職になりたいと考えるとしましょう。

そのときに考える資格として弁護士・司法書士・行政書士があります。

弁護士は今はロースクールに行かなければそもそも受験できないような資格になっ

てしまいましたし、予備試験の見通しも怪しいものがあるので、社会人になってからチャレンジするには難しいところがあります。

そうすると司法書士と行政書士のどちらにしようかということで、迷う人も多いの

です。

ただ、この2つは似ているようで全く異なる資格なのです。債務整理ができるのは

司法書士だけ、また不動産関連の登記は司法書士しかできません。不動産と債務整理系で行くのであれば司法書士を選ばなければいけないのです。一部不動産コンサルタントを兼ねた行政書士は存在しますが、法定業務ではない部分でコンサルタントを行っているので紛らわしいところです。一方、行政への許認可案件を行いたいのであれば行政書士を取得するしかないということになります。両社は法律という点で幅広く見て似ているだけで実態は全く異なるということの認識が必要です。

税理士 選び方


関連記事

  1. 法律専門職を考える

    士業の資格として法律専門職になりたいと考えるとしましょう。 そのときに考える資格...

  2. 夏の脇毛処理

    夏のムダ毛処理では、やはり特に脇が困ります。レーザー脱毛をすれば構わない話なので...

  3. 実践が大事

    FX取引初めての方がマーケットの肝心なところを理解するには、最初に実戦を積み上げ...

  4. ピンチはチャンス

    FX投資の経験がない方が為替相場の大切なところを押さえるには、まず実戦を積み重ね...

  5. 資産を保有する

    特定調停による方法も任意整理による方法と同じくそれらの貸方に対しての返金を続けて...